再就職の支援や手当、中高年・女性の転職について

再就職のヒント

SponsoredLink
SponsoredLink
新着記事

Favorite Link
記事検索

Categories
[ HOME > - > スポンサーサイト ]

スポンサーサイト

< スポンサーサイトの記事はココから >

一定期間更新がないため広告を表示しています

< スポンサーサイトの記事の続きはココから >
< スポンサーサイトの記事はココまで >
| カテゴリ : - | 2007.07.26 Thursday | - | - |
[ HOME > - > 団塊の世代の再就職 ]

団塊の世代の再就職

< 団塊の世代の再就職の記事はココから >
2007年現在、これからの数年間、団塊の世代が定年を迎えますので、世の中の情勢は大きく変わっていきます。変化の時代です。

ちなみに、団塊の世代とは、堺屋太一さんが著書の題名にしたもので昭和22年から26年ごろに生まれた人々をさします。戦後の高度成長を生き抜いた人々といういい方もできるかもしれません。

年金制度の改正で、団塊世代が年金を満額受給できるのは、遅い人で65歳になります。そこで生活のために働く人が増えていきます。その一方で、団塊の世代が一度に定年を迎えるので、労働不足が生じます。当然、60歳以上のまだまだ働けるシニアに白羽の矢が立つことも考えられます。社会的な雇用環境も改善されていくでしょう。

ただし、再雇用の際には当然競争原理が働きますので、よりよい職場につくにはそれなりの準備や心構えが必要になります。

活動の方針をよく考えて、じっくりと進めましょう。

若い人たちにはない、団塊の世代ならではの自分の特長にまずは目を向け、自己分析を行います。そして、経験の長さや職務遂行能力を武器に、再就職のための戦略を立てるのです。

団塊の世代再就職は、社会の大きな流れですので、活動をサポートする専門機関も増え始めています。中高年の再就職というテーマに絞って斡旋してくれるパートナー選びが大切です。
< 団塊の世代の再就職の記事の続きはココから >
< 団塊の世代の再就職の記事はココまで >
| カテゴリ : - | 2007.03.01 Thursday 08:42 | - | - |
[ HOME > - > 主婦の再就職 ]

主婦の再就職

< 主婦の再就職の記事はココから >
主婦再就職には、主婦自身のスキルを上げることも必要ですが、それを受け入れる社会体制、企業の姿勢を立て直すことも必要です。実際、専業主婦の時間が長いほど、再就職には困難が伴うのが事実のようです。これからの社会は、職業能力を取り戻した女性の再雇用を企業に対して広く促していくしくみつくりが今度の課題になりそうです。

そういった主婦再就職を考える立場につけこんで、「インターネットで簡単に稼げる」や「パソコンで内職をしましょう」などの誘い文句で、高額な初期投資を迫られたり、教材を買わされたりするケースがあるので、十分気をつけましょう。世の中にそんなに甘い話はありません。どの世界でも稼ぐようになるためには、地道にスキルアップしていくしかないのです。

とくに専業主婦をしていると、外で働く感覚を忘れてしまったり、「パソコンで安易に稼げるのでは」といった考えに陥りやすいので、まずは外のひとに相談をしたり、友達と話をしたり、主婦再就職するための情報を集めることから始めてみてはいかがでしょうか。ひとりで考えたり決めたりすると、間違った方向へ進むことも少なくありません。ただ、「貴女でもちょっと頑張れば、海外旅行と高級車が手に入ります」などとうたうコミュニケーションビジネスには、十分気をつけましょう。

主婦が再就職を考える場合、過去に専門職に就いていたひとならば、それをまたはじめるのがベストでしょう。またそうでないひとでも、できればなにかのスペシャリストをめざして、少しそれの勉強に充てる準備期間を設けられるといいかと思います。

しかし、実際は主婦の再就職に際して、そんなに余裕のあるひとは少数派かもしれません。すぐにでも職を探さなければならないケースも多いかと思います。そんな場合でも、自分なりの条件や希望をひとつでも持ってそれを基準に仕事を選んだり、就職したりすることをおすすめします。
< 主婦の再就職の記事の続きはココから >
< 主婦の再就職の記事はココまで >
| カテゴリ : - | 2007.02.28 Wednesday 07:01 | - | - |
[ HOME再就職 > 中高年・薬剤師の就職 ]

中高年・薬剤師の就職

< 中高年・薬剤師の就職の記事はココから >
中高年薬剤師の就職の場は、潜在的にはたくさんあります。なぜならば、ミドル・シニア層といわれる40歳〜50歳代の薬剤師には、豊富な経験があるからです。ここ最近、予防医学やセルフメディケーションへの関心が高まっています。そんな世の中の動きを背景に、患者さんやお客さんと直に接して相談を受けたり、悩みをきいてあげたりすることのできる職場へ就く中高年薬剤師も増えています。具体的には、ドラッグストアへの勤務などです。

ここ数年、ドラッグストアは、店舗の大型化や全国チェーン化が進んでいます。調剤部門を設置し、一般用医薬品とともに医療用医薬品を取り扱うことが主流となってきているのです。そこで必要とされるのが経験豊富な中高年薬剤師です。生活習慣の改善、健康管理や一般用医薬品などについて相談を受ける機会も多く、専門知識を身近な形で発揮できるのがやりがいにもつながっているようです。また、健康相談会や育児相談会などの社会貢献活動を行うなど、薬剤師の専門知識と中高年ならではの豊富な経験を活かした住民への健康アドバイザーとしての期待も大きくなっています。

ドラッグストアで勤務するメリットは、予防医学やセルフメディケーションの認識が高まる中、一般の消費者にとって、薬剤師を最も身近に感じてもらえるということ。また、中高年再就職先としてのニーズも高まりつつあり、年齢を問わずキャリアチェンジが可能であること。年収水準が比較的高いことがあげられます。
< 中高年・薬剤師の就職の記事の続きはココから >
< 中高年・薬剤師の就職の記事はココまで >
| カテゴリ : 再就職 | 2007.02.27 Tuesday 23:17 | - | - |
[ HOME再就職 > 40歳からでもできる再就職 ]

40歳からでもできる再就職

< 40歳からでもできる再就職の記事はココから >
40歳以上の再就職と求人には年齢制限の問題があります。

実際に正社員の求人情報を見ると応募資格の年齢が35歳や40歳までなどと書いてあるケースが多く、たとえ、年齢不問と書いてあっても、複数の求人応募があったばあい、若い応募者が有利になる状況は想像に難くありません。

それでも中高年の再就職が有利になるといわれている条件があります。

それは、「これまでの社会経験で得た人脈」「実績に裏づけられた技術」そして「人間性、人柄」です。

過去の人脈は、再就職の際、非常に有効ですが、これはそれまでにそういった人脈を作ってきたひとはいいですが、そうでないと、逆に厳しい就職活動となります。

専門分野での技術、スキルも大切です。40歳からの再就職は、必然的にこれまで携わってきた業種・職種の延長上でないと、容易ではないということになります。

最後の人間性は、なぜ大切かというと、とかく40歳からの再就職、中高年の再就職には、いろいろな人間関係の状況が待ち受けています。代表的なのは、年下の若い経営者や上司から指示を受けたり従ったりすることです。過去の地位が高い人やプライドを重視する人には、多少つらいことだと考えられます。要はこのような状況を受け入れられる深い懐を持っているか否かが重要になってくるともいえるのです。

一見すると辛い状況ばかりのように感じられるかもしれませんが、逆にこれらのひとつひとつをきっちり考えて臨むと40歳からの再就職も決してあきらめたものではありません。

みなさんのご検討をお祈りします。
< 40歳からでもできる再就職の記事の続きはココから >
< 40歳からでもできる再就職の記事はココまで >
| カテゴリ : 再就職 | 2007.02.23 Friday 06:43 | - | - |
[ HOME再就職 > 中高年の再就職 ]

中高年の再就職

< 中高年の再就職の記事はココから >
中高年再就職では、活動の方針に注意して、慎重に進めましょう。

まずはあわてず、じっくりと取り組むことが必要です。

中高年再就職では、求人の有無に気をとられてしまい、中高年の特長である経験の長さや職務遂行能力 「スキルと行動特性」の分析や自己認識がおろそかになっています。

若手転職者用の職務経歴書をトレースしても、求人側にインパクトはなく、採用はおろか、書類選考もおぼつきません。

つまり若い人たちとおなじ方法ではなく、中高年には中高年再就職のための戦略が必要ということです。

それには、中高年再就職という視点で、じっくり活動をサポートしてくれる、専門機関などをパートナーにつけるとよいでしょう。

単なる求人の斡旋ではなく、中高年再就職の必須条件、「他人に勝つ」ことに焦点を絞り、そのノウハウとツール (サポート受講時に提供)を用意してくれるような心強いパートナーが理想です。

求人側の視点を取込み、中高年のキャリアを最大限に生かしてくれるような機関が現在では存在します。

非営利法人などの機関が、中高年の再就職のアドバイスなどを行っています。
< 中高年の再就職の記事の続きはココから >
< 中高年の再就職の記事はココまで >
| カテゴリ : 再就職 | 2007.02.22 Thursday 11:14 | - | - |
[ HOME再就職 > 40代からの再就職 ]

40代からの再就職

< 40代からの再就職の記事はココから >
40代からの再就職

40代からは求人も減ってきますので、全力で活動に当たりましょう
40歳から49歳の世代いわゆる40代からの再就職は、1998年のデータでは全転職者の17%を占めています。既婚者で、子供の教育費や親の高齢化問題などを抱える世代なので、積極的な再就職希望者は20代以下と比べると非常に少ないと言えます。求人も減ってくる年齢層なので、リストラで辞めざるを得ない状態になったら、人材紹介会社はもちろん、ハローワーク、知人・親戚の紹介など力の出し惜しみをしないで再就職に取り組む必要が出てきます。

40代を重要視する動きもあります
一方で、40代〜50代はFジェネレーションとも呼ばれ、重宝される動きもあります。「40代、50代は、キャリアが豊富で再就職先で即戦力となるだけでなく、幹部候補としても有望な人材が少なくない」。しかし、これは年功序列型の給与体系が崩れたためで、これらの世代の雇用を受け入れやすくなったとも考えられます。

40代や50代の人にはそれなりの働きが要求されるわけです。実力さえあれば、年齢はあまり関係ないというのが、企業の本音のようですから、そこを意識して動きさえすれば、40代再就職も必ずや成功に導くことができるでしょう。
< 40代からの再就職の記事の続きはココから >
< 40代からの再就職の記事はココまで >
| カテゴリ : 再就職 | 2007.02.22 Thursday 10:22 | - | - |
[ HOME再就職 > 再就職について ]

再就職について

< 再就職についての記事はココから >
再就職の支援として、現在さまざまな機関やサービスが存在します。特に40歳を過ぎると再就職は、なかなか難しくなってきますので、そのような再就職支援のためのサービスを利用するのも方法です。

安定した職業に就いたとき、条件によっては「再就職手当」を手にすることができます。事業を開始した方のうちで、その事業によって自立したとハローワークが判断できる場合は、支給対象となることもあります。住んでいる地域のハローワーク職員に訊ねてみましょう。

中高年の再就職には難しい部分もあります。企業が必ずしも積極的であるとは限らないからです。しかし、特殊な能力や永年培ってきたその人だけが持ちうる技能などがあれば、年齢を超えて採用の声がかかることはいうまでもありません。再就職の際には、一度自分の職務経験を振り返って、アピールポイントをまとめる作業を行うといいかもしれません。

大手企業から転職し、独立したり、中小企業に再就職する人も増えています。大切なのは働く喜びをさらに持続しながら、新しい活動の場へと向かうことです。ただ中小企業のオーナーいわく、大手から再就職してきた人には「覇気がない、能書きが多い、問題解決のために雇われたという根本が理解できていない」などのマイナスポイントがある場合も多いらしい。

女性の再就職については、子育てが一段落したので、といった理由が多く見受けられるようですが、これも中高年の再就職に劣らず、条件は厳しいことが多いようです。しかし、専門知識や高い技能があれば、やはり、さまざまな就職先を選べます。ひとつの得意分野を早いうちから掘り下げておくと、ことは有利に運ぶでしょう。

主婦の再就職の場合、ポイントのひとつは、働くための時間をどれくらい確保できるかということ。それによって、パートで働くのか、あるいは正社員にするのかということが決まってきます。まずは、自分の仕事について考える時間を確保しましょう。かといって考えているばかりでも、ことは運びませんので、ある程度イメージができたら、さっそく行動に移しましょう。

再就職を支援する会社も近年増えていています。特にジェネレーションFといった40代〜50代の人たちをターゲットに再就職を支援する企業の動きが目立っています。キャリアが豊富で、技能に秀でた人も多いことから、再就職を支援する会社の目にも魅力的に映るようです。

2007年から始まる、団塊の世代の大量離職。これからは、シニアの世代にますます注目が集まってきます。再就職をする労働力としてまた老後の人生をじっくりと楽しんでもらう消費者として、さまざまな方面で期待がかかっています。

< 再就職についての記事の続きはココから >
< 再就職についての記事はココまで >
| カテゴリ : 再就職 | 2007.01.25 Thursday 22:26 | - | - |
[ HOME再就職 > 再就職の手当 ]

再就職の手当

< 再就職の手当の記事はココから >
再就職手当は、新しい出発を考える人たちに欠かせない手当です。再就職手当は雇用保険に基づいて支払われます。再就職手当を受けるためには、まずハローワークに赴いて窓口に相談してみましょう。支給を受けるには、申請書を書いて出す必要があります。あくまでも失業保険として再就職手当は支払われますので、受給条件というものがあります。手続きなどは早期にすませておいた方がいいでしょう。
「派遣でも再就職手当は支払われますか」という疑問がありますが、派遣でも1年以上の長期にわたって働くということが認められれば、支給される場合があるそうです。ぜひ申請してみてください。
自己都合などで退職された場合、離職理由によっては「待期」の期間が満了してから、3ヶ月間は「基本手当」が支給されません。これを「給付制限」といいます。
いずれにしても、再就職手当を受けたいと思ったら、繰り返しになりますが、ハローワークに行って相談を受けるのがいちばんです。もらえる場合、もらえない場合さまざまな条件があります。また、支給される時期、タイミングなどもそれぞれの事情で大切なポイントになりますので、しっかりと確認しておきましょう。
< 再就職の手当の記事の続きはココから >
< 再就職の手当の記事はココまで >
| カテゴリ : 再就職 | 2007.01.24 Wednesday 13:34 | - | - |

180日以内に100ドル以上のためのノウハウを集結!!
RSSで更新状況をチェック
Go To Mobile-Site
qrcode
RECOMMEND
SponsoredLink
Author's Profile
現在表示記事
関連キーワード

女性・中高年の再就職、転職情報